iMessageステッカーもリジェクトされた

前回書きましたが、LINEスタンプに引き続き、iMessageのステッカーもリジェクトされました・・・。

原因は、申請時の「カテゴリ」の指定ミスです。

「サブカテゴリ」で「キッズ/ファミリー」を選択していると「プライバシーポリシーURL」との合わせ技で一本(リジェクト)になりますので、皆様もご注意ください。

リジェクト理由「5.14 LEGAL:PRIVACY – KIDS」

ステッカーの申請から二日後に、リジェクトの通知がきました。
ずいぶんと審査が早くなりましたね。

reject

リジェクトの内容は、「あんたはキッズカテゴリを選んでるけど、プライバシーポリシーがないよ」ってことでした。

reject

サブカテゴリでキッズを選ぶとプライバシーポリシーURLが必要

今回、iTunes connectでステッカーの申請作業を行う際に、最近アプリの申請をやっていなかったこともあって、作業中にいくつか不明な点がありました。

その中に「プライバシーポリシーURL」の入力欄があって調べてみたのですが、特に入力する必要がないようなので空欄のままにしていました。
privecy

そして、カテゴリーの選択では「ステッカー」を、その後サブカテゴリの1つ目には「動物/自然」を選択。馬ですからね。
次に、2つ目のサブカテゴリには、何にしようか迷った挙句「キッズ/ファミリー」を選んでいました。

kids_family

これが、まずかったですね。
「キッズ/ファミリー」を選んだ場合、「プライバシーポリシーURL」の入力が必須になります。
申請時に「プライバシー~が空だよ!」ってエラーは出ませんので、まったく気づきませんでした。

iMessageステッカーの申請は、基本的にiOSアプリの申請と同じなので、アプリを作って申請するときにも同じ理由でリジェクトされると思います。
アプリの申請の際にもご注意ください。

プライバシーポリシーURLについて

「プライバシーポリシーURL」については、App情報の入力画面でヘルプ(?)ボタンをクリックすると、以下の注意が表示されます。

組織のプライバシーポリシーへのURLを入力してください。「子ども向け」のAppである場合または自動更新登録または無料登録を提供するAppの場合、プライバシーポリシーが必要です。アカウント登録や既存のユーザアカウントにアクセスするApp、その他法律で必要とされる場合にもプライバシーポリシーが必須です。ユーザ関連またはデバイス関連のデータを収集Appの場合も、プライバシーポリシーが推奨されます。

『「子ども向け」のAppである場合・・・』って書いていますね。
リジェクトされたとき、はじめはその理由がカテゴリーのことについて言及しているとは思っていませんでした。

が、よくよく考えると確かに「キッズ/ファミリー」のカテゴリーは「子ども向け」に間違いないですよね。
とほほ・・・。

再申請からの、リリースへ

解決方法としては、ホームページにプライバシーポリシーについて記載して、その「プライバシーポリシーURL」を入力すればいいのでしょう。

ですが、それってとっても面倒なので、結局カテゴリーを別のものに変更して再申請しました。

ということで、ちょっぴり不安はあったものの再申請の翌日にめでたくリリースすることができました!
release

審査はやっ!

それでは、お馬さんのiMessageステッカーよろしくお願いします。

LINEスタンプはこの時点でまだ審査待ち・・・。

sponsored link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です